美容脱毛は産毛に対しても効果はあるのか

医療機関やエステサロンで行う事が出来る一般的な美容脱毛の方法では産毛に対しては効果が出にくいです。

どうして産毛の場合は美容脱毛の効果が薄いのかというと、光のエネルギー利用している事が理由となります。



美容脱毛では光を照射した際にその光を体毛の色素が吸収して発熱し、その熱で細胞にダメージを与えているのです。

産毛というのは細くて色素の量が少なく、その分だけ光を照射した際の熱の発生が不十分になりやすいのです。

光の出力を強くする事で効果を上げる事は可能ですが、あまり出力を高くしすぎると今度は肌にも影響を与えてしまう事も考えられ、出力を上げれば解決するとは限らないのです。
そのために、一般的なムダ毛の処理方法ではキレイに出来るかどうかは難しいところです。



場合によってはダメージを与える程の熱量が得られずに、細胞を活性化させて硬毛化や多毛化を引き起こす事もあります。

硬毛化や多毛化を起こしたとしても、その後の処理をきちんと行えば処理をする事は可能ではありますが、いずれにしても産毛をしっかりと処理をするのは大変です。
そのために産毛のような細い毛を処理したいのであれば、医療機関で行っている電気針脱毛と呼ばれる方法を選択した方が良いです。

この方法は毛穴に針を刺して電気を流して処理するという方法であり、ここで述べた方法とは全く違う方法となっています。



そのために、体毛の色素の量に影響されて効果が変わる心配も無いのです。